イニシャルT

モータースポーツ関する情報や管理者のきまぐれ情報などを書きつづるブログ頭文字T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリヂストン、運転の快適性高めるタイヤ

 ブリヂストンは3日、運転時の快適性向上につながるとするタイヤの新製品2種類を2009年2月に発売すると発表した。タイヤ表面のパターンやゴム成分を改良することで、コーナリング時や街中での運転時の運転手のストレスが軽減するとしている。価格はすべてオープン。

 発売するのはセダン・スポーツカー用の「Playz PZ―X」と、軽自動車・コンパクトカー用の「同PZ―XC」。「PZ―X」はパターン構造の工夫でコーナリング時に思い通りのコースを走行できるという。「PZ―XC」は乗り心地を改善した。

商品紹介サイト http://www.bridgestone.co.jp/info/news/2008120301.html


playz

“らく”を進化させた第2世代Playz新発売
「Playz PZ-X(プレイズ ピーゼット エックス)」・「Playz PZ-XC(プレイズ ピーゼット エックスシー)」
 株式会社ブリヂストン(社長 荒川 詔四)は、Playzブランドの新商品として、セダン・スポーティーカー用の「Playz PZ-X (以下:PZ-X)」及び軽自動車・コンパクトカー専用の「Playz PZ-XC (以下:PZ-XC)」を2009年2月1日より発売いたします。発売サイズは、「PZ-X」が40シリーズから65シリーズの47サイズ、「PZ-XC」が50シリーズから70シリーズの23サイズ、価格は全てオープン価格です。

「Playz」は、従来のスポーツ(運動性能)やコンフォート(快適性・静粛性)というタイヤ性能の機軸に加え、新しい価値“らく”(ストレス低減)を提供するプレミアムブランドとして、2005年の「Playz PZ-1」発売以来、多くのお客様にご好評を頂いています。

 今回発売する第2世代Playzは、コンセプトである“らく”(ストレス低減)をさらに進化させるとともに、セダン・スポーティーカー用の「PZ-X」は、直進安定性とコーナリング時の“キレ”を両立させ「クルマを操る悦び・運転の楽しさ」を追求。この運転中の“らく”や“楽しさ”という効果については、脳波測定による脳物理学データで実証されています。一方、軽自動車・コンパクトカー専用となる「PZ-XC」は、直進安定性とソフトな乗り心地を両立させるとともに軽自動車やコンパクトカーに多く見られるトレッドショルダー部の両肩摩耗を抑制しています。
 また、両商品ともにタイヤトレッド部にシリカ配合のコンパウンドを採用し、ウェット性能の向上と、転がり抵抗の低減を図っており、環境や省燃費に配慮した当社の自主基準を満足した「エコ対応商品」です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://soares.blog89.fc2.com/tb.php/209-61715b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Time



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Free side

フリーのスペース

amazon





Weather

Link2



マウスコンピューター/G-Tune

TSUTAYA online

グリコネットショップ

BOSEショップオンライン

ANAホテルズ

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

SOHO家具オンラインショップ Garage

オフィス・デポ ジャパン

Tower Records

Category
Track back
Entry
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。